ゴルフの当日キャンセルは体調不良でもNG!理由と休まない対策を紹介!

この記事では「ゴルフを体調不良でも当日キャンセルしない方がいいって本当?」「もし、体調不良でゴルフを当日キャンセルしてしまう時に信頼感を失わない方法を知りたい」といった人に向けて書かれている記事です。

日頃から体調を崩しやすい人だと、ゴルフを当日キャンセルすることがNGだと言われると、プレッシャーに感じてしまいますよね。

そこでこの記事でははじめに、ゴルフを当日キャンセルすることによる弊害を紹介しています。その後、もし当日キャンセルする時に信頼感を失わないための対策について紹介しています。

あなたが、体調不良でゴルフを当日キャンセルする可能性はゼロではありませんよね。ぜひ、この記事で紹介している内容を理解し、あなたのゴルフライフに役立ててくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/動揺-圧倒-ストレス-疲れて-2681502/)

体調不良でもNG!ゴルフを当日キャンセルすることによる弊害

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/女性-スマイリー-絵文字-1253485/

ゴルフを当日キャンセルすることは、体調不良であっても良くありません。なぜなら、他のメンバーに迷惑が掛かるためです。ゴルフを当日キャンセルするで起こる弊害は、以下の3つがあります。

ゴルフを当日キャンセルすることによって起こる弊害
  • キャンセル料が掛かる
  • 他メンバーがプレーできない可能性がある
  • 誘われなくなる

体調不良が理由でも、ゴルフを当日キャンセルするとこれらの弊害が生じてしまいます。とても大切なことなので、下の章から他のメンバーの心情も踏まえつつ、当日キャンセルで起こる弊害を詳しく解説していきますね。

キャンセル料が掛かる

ゴルフの予約を取り消すだけでなく、メンバーが1人来れなくなるだけでもキャンセル料金が掛かります

ゴルフ場によって異なりますが大体、2,000円〜3,000円ほどキャンセル料が掛かります。あなたが当日キャンセルをしてしまうと、他のメンバーがお金を立て替えて支払うことになるでしょう。

他のメンバーからすると、当日キャンセルへの不満+キャンセル料の立て替えで、プレー開始前から気分が下がり、ゴルフの楽しさが半減してしまいます。

他のメンバーがプレーできない可能性がある

あなたが当日キャンセルすることで、他のメンバーがプレーできない可能性があります。なぜなら、予約段階で人数指定をしているゴルフ場もあるからです。

人数制限に厳しく、1組4人でないと予約を受付てもらえないゴルフ場もあります。そこであなたが休んでしまうと、他のメンバー全員がプレーできないことにつながるのです。

仮にプレーができたとしてもあなたがいない分、プレー料金を割増で取られる可能性もあります

他のメンバーはあなたがキャンセルすることで、楽しみにしていたゴルフができなかったり、プレー料金が割増になったりなど、イライラとやるせない気持ちになってしまうでしょう。

誘われなくなる

体調不良であれゴルフを当日キャンセルすると、仲間からゴルフに誘われなくる可能性があります。なぜなら、次回も当日キャンセルをされて無駄な手間を取りたくないと感じてしまうからです。

キャンセル料が掛かったり、最悪の場合ゴルフができなかったりなど、来ないメンバーのためにプレー前から手間を掛けたくないですよね。当日は戦略を練るなど、プレーに関することに集中したいはずです。

なので、手間が掛かるかもしれないメンバーを誘うより、他のゴルフ仲間を誘うようになるのです。体調不良とはいえ、当日キャンセルをすると次回以降誘われなくなるかもしれないので、気をつけましょう。

【ゴルフをする前に】社会人として体調不良の当日キャンセルはNG

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ピンキーは誓う-お友達と-329329/

そもそもゴルフをする前に、社会人として体調不良で当日キャンセルすること自体が望ましくありません。なぜなら、信頼感を失う行為になるからです。

仕事を例に出すと、体調不良で休むことは「自己管理ができていない人」とレッテルを貼られ、職場内で信頼感を失いますよね。出世はおろか、厳しい職場だと昇給も危うくなるでしょう。

体調不良で当日キャンセルをすることは、社会人として望ましくない行為です。日頃の生活1つで信頼感を失う行動につながるので、心当たりがある人は今一度自身を見直して良い方向へ改善していきましょう。

ゴルフを当日に体調不良でキャンセルしないためには

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ヨガ-運動-フィットネス-女性-3053488/

ゴルフを当日に体調不良でキャンセルしないためには、日頃から体調管理をしておくと良いですよ。日頃から体調管理をしておくことで、体調不良になりにくくなるからです。

体調管理と聞くと、難しそうに感じる人がいるかもしれません。しかし、まずは以下の3つの方法を抑えておくことで、体調不良になりにくくなります。

簡単に体調管理をする3つの方法
  • 十分な睡眠をとる
  • 適度な運動を心がける
  • 手洗いうがいをする

基本的なことですが、これらの3つを意識して取り入れることで体調不良になりにくくなりますよ。下の章では、3つの体調管理方法をどのように取り組めば良いのか、具体的に紹介していくので、ぜひチェックしてくださいね。

十分な睡眠をとる

はじめに紹介する簡単な体調管理方法は、十分な睡眠をとることです。なぜなら、十分な睡眠をとることで、疲労回復や免疫力アップにつながるからです。十分な睡眠を取るためにまずは、以下の2つを意識してみましょう。

十分な睡眠を取るために
  • 自分に合った睡眠時間で寝る
  • 寝苦しくない室温で寝る

睡眠時間が5時間程度でも大丈夫な人や、10時間以上寝ないとしんどい人もいるため、自分に合った睡眠時間を見つけることが大切です。

睡眠時間と同じくらい、寝苦しくない室温で寝ることも大切ですよ。暑いと熟睡できませんし、逆に寒いと風邪をひく原因になります。まずは、以上の2つを意識し疲れの残らない十分な睡眠を取れるようにしてくださいね。

適度な運動を心がける

つぎに紹介する簡単な体調管理方法は、適度な運動を心がけることです。なぜなら、適度な運動を心がけることで、体力の低下を防ぐことができるからです。

例えば、エレベータを使っている所を階段で上がってみたり、自転車で移動するところを徒歩に変えてみたりなど、小さなことで構いません。少しずつの積み重ねで体力の低下を防げ、体調不良になりにくくなります。

しかし「効果を出したいから」と無理に運動をしてはいけません。ケガをしてしまうと運動ができず逆に体力を落とすことになります。無理はせず、小さな運動から取り組むようにしましょう。

手洗い・うがいをする

さいごに紹介する簡単な体調管理方法は、手洗い・うがいをすることです。なぜなら、いくら体調管理に気をつけていても、ウイルスが体内に侵入することを防がなければ意味がないからです。

外出後は、必ず手洗い・うがいを取り入れるだけで良くなりますよ。可能であれば、せっけんで手を洗い、イソジンなどのうがい薬でうがいをするとより効果的です。

手洗い・うがいは基本的なことですが、手間に感じて後回しにする人も多いでしょう。体調不良を防ぐためには、ウイルスを侵入させないことは大切です。今日から早速手洗い・うがいを取り入れてくださいね。

体調不良でゴルフを当日キャンセルする時に信頼感を失わない方法

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ゴルファー-グループ写真-男性-960917/

体調管理をいくら大切にしても、当日に具合が悪くなる場合もあるでしょう。ここでは、体調不良でゴルフを当日キャンセルする時に、信頼感を失わない方法について紹介していきます。

当日キャンセルする時に、あなたに求められる行動は以下のようなものがあります。

当日キャンセルする時にあなたがする行動
  • すぐに幹事に連絡をする
  • 自分の代わりにゴルフへ行ける人がいないか探す
  • キャンセル料などが掛かる場合は、後日支払うと伝える

当日起きて体調が優れない場合は、幹事に「体調不良で行けれない」ことをすぐに連絡しましょう。連絡する時は「申し訳ない気持ち」と「行きたかった気持ち」を話すことで、次回は必ず参加したいと遠回しに伝えられます。

人数が少ないと、プレーができない・割増でプレー料金がかかる可能性があるため、自分の代わりにゴルフへ行ける人がいないか探しましょう。代わりが見つかる可能性は低いですが、この努力があると信頼感を失うリスクが低減できます。

キャンセル料などが掛かる場合は「必ず後日支払う」と伝えましょう。お金の支払いで人間関係がこじれるケースはよくあります。なので、必ずあなたからキャンセル料を立て替えると提案し、ゴルフ仲間に不快感を与えないことが大切です。

【ゴルフの当日キャンセルは体調不良でもNG】まとめ

今回は、ゴルフの当日キャンセルが体調不良でもNGだと紹介してきました。当日キャンセルをすることで、キャンセル料が発生したり、ゴルフ仲間がプレーできなかったり、あなたが今後誘われなくなったりなど、様々な弊害があると理解できたでしょう。

そもそも、社会人として約束などを体調不良で当日キャンセルすることは「自己管理ができていない、信頼感を持てない人」だというレッテルを貼られる原因になります。なので、睡眠や適度な運動などを取り入れ、体調管理を行うことが大切です。

ですが、体調管理を行っていても体調を崩す可能性もありますよね。そんな時には、早く連絡をしたり、代わりに行ける人を探したりなど、あなたの行動1つで信頼感を失わずに済みます

無いことが1番ですが、ゴルフを体調不良で当日キャンセルしないためにも、日々の生活から気をつけていきましょう。あなたが今後も、ゴルフ仲間と楽しくプレーできることを願っています。

日本ゴルフ同友会
HP画像

ゴルフ場会員権を買いたい方/売りたい方は、「株式会社日本ゴルフ同友会」HPからお気軽にご連絡してください。相談だけでももちろん可能です。