【保存版】ゴルフ会員権を相続・売却するのに必要な手続き

ゴルフ会員権を相続するあたって、さまざまな手続きが必要です。

ただ急に相続と言われても何から始めたらいいのか分かりませんよね。

そこでこの記事ではゴルフ会員権を相続するにあたっての手続き、また売却することにした場合の方法を分かりやすく解説しています。

ゴルフ会員権の相続に関して悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください!

ゴルフ会員権を相続するなら名義変更(名義変更)が必要

出店: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/11/19/09/11/estate-2962167_960_720.jpg

ゴルフ会員権はもとの持ち主が亡くなった場合、名義変更をすれば代表相続人が相続することができます。名義変更とは、ゴルフ会員権を購入した場合や法人会員権の利用の変更に伴いに名義を変更することを言います。

ゴルフクラブの定めた条件をクリアした人がゴルフ場の会員として優先的にプレーすることができますが、この権利は基本的に購入した本人にしか適応されません。

また入会保証金とは別に「名義変更料」を支払う必要があります。

ポイント
第三者への譲渡だけでなく、ゴルフ会員権の相続時にもこの名義変更が必要です。

相続するためのステップ

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2019/10/26/06/33/success-4578800_960_720.jpg

ゴルフ会員権の所有者が亡くなった場合、相続人がその権利を名義変更により受け取ることができます。その手続きには、いくつかステップがあるのでここで解説します。

ゴルフ会員権を相続するためのステップ

まずはゴルフ場で入会審査をしてもらうために、必要書類を用意しなければいけません。代表相続人がゴルフ場が定める条件に当てはまらない場合、却下される可能性もあるので事前の確認が大切です。ただ相続の場合拒否されることは基本ないので、安心してください。

無事審査が通れば、名義変更料を支払うことで権利が代表相続人に移ります。そうすれば一般ビジターよりも優先的にプレーすることが可能となります。ただし、相続する場合、名義変更料だけでなく相続税などの諸費用が発生する可能性があるので注意してください。

ポイント
名義変更料はゴルフ場によって違うので、事前に確認しておきましょう! 

ゴルフ会員権を相続するために用意するもの

次にゴルフ会員権を相続するために用意する書類を確認しましょう。ひとつでも抜けていると審査が下りないので気をつけてください。

  1. 戸籍謄本
  2. 相続同意書
  3. 印鑑証明書

戸籍謄本は代表相続人だけでなく、相続人全員の名前が載っているものでなければいけません。またあとあと相続人内で揉めることのないように、相続同意書も必要です。ここでの相続同意書とは「遺産分割協議書で代表相続人への相続を認めている」と相続人全員の連名が載っている物をさします。

ポイント
印鑑証明書も同様に、相続人全員分必要なので注意してください。 


相続したゴルフ会員権を売却する

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2019/04/07/10/07/sell-4109323_960_720.jpg

ゴルフ会員権を相続すると、一般ビジターよりも優先的にプレーすることができます。しかし、相続税や名義変更料、年会費など、それなりに支払う金額も多くなってしまいます。そこで特にプレーする予定もない、もしくは会員権を相続するのをためらう場合は売却することをおすすめします。

ただ相続のみの場合に比べて必要な書類が多く、また取引相場によって利益や損益が出るのでしっかり自身の状況を確認する必要があります。ここではゴルフ会員権を、第三者への売却をするためのステップを解説します。

ゴルフ会員権を売却するまでのステップ

①ゴルフ場へ会員権相続の有無を確認 ⇒ ②必要書類の準備 ⇒ ③ゴルフ会員権業者へ依頼 ⇒ ④税金の支払い

相続するゴルフ場によってですが、売却にはゴルフ会員権の相続が条件という場合もあります。相続をするかしないかで、名義変更料だけでなく税金の額も変わるので事前に確認しましょう。

またゴルフ会員権の売却はゴルフ会員権業者に依頼すると、スムーズに取引を行うことができます。仲介手数料は発生しますが、税金の相談や面倒くさい手続きを手伝ってくれるのでおすすめです。

ゴルフ会員権を売却するために用意するもの

  1. 預り金証書または株券
  2. 印鑑証明(発行日1ヶ月以内)
  3. 登記簿謄本(法人の場合、個人であれば必要なし)
  4. 会員証
  5. ネームプレート・帽章
  6. 名義書換申請書
  7. 委任状 (名義書換に関する権限を一任するもの)
  8. 譲渡通知書
  9. 代金完済証明・念書
  10. 住民票

ゴルフ場によって用意するものは違いますが、上記に挙げたものは必ず必要なので事前に確認してください。特に会員証ネームプレートなどは失くしてしまうと紛失届を出さないといけません。それだけ申請の期間が伸びてしまうので早めの対応をお願いします。

ポイント
※ゴルフ会員権業者に相談すれば、書類の手配も手伝ってくれるので安心です。 


ゴルフ場会員権を相続・売却する際にかかる税金

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2019/10/18/19/51/financial-4560047_960_720.jpg

ゴルフ会員権を相続、または相続せずに第三者への売却をする場合、相続税・所得税がかかります。それぞ市場価値や保有期間などで税金の額は変わるので、自身がどのケースに当てはまるかをしっかり理解しておきましょう。

ゴルフ会員権の相続にかかる相続税

ゴルフ会員権を亡くなった遺族から受けつぐ場合、相続税が課せられます。ゴルフ会員権には取引相場というものがあり、取引相場は市場の動向によってゴルフ会員権の価格が変わります。自分が相続するゴルフ場の取引相場を事前に確認するようにしましょう。

ゴルフ会員権の相続税はこの「取引相場」をもとに計算されます。またなかには取引相場がないゴルフ場もあるので注意が必要ですよ。

ポイント
預託金とは、ゴルフ会員権を購入した際に預けるお金のこと。一定期間が過ぎたら返金されることもあるので、マンションの敷金みたいなものですね!


相続税の評価計算方法

課税時の「取引相場」× 70%に相当する金額

例えば相続するゴルフ場の取引相場が相続するタイミングで200万円だったとします。その70%なので、評価額は140万円。これが相続税として課せられるので、結構な金額になりますね。

ただこれは単純に相続税の評価額であって、預託金は含まれていません。もしゴルフ場から返される預託金がある場合は、預託金を含めた評価額の計算が必要となります。

ポイント
取引相場がないゴルフ場は、預託金の額を加算することになります。ただ預託金を預けてからの経過日数で値は変わるので注意が必要です。

預託金を含めた相続税の評価計算方法

課税時の「取引相場」× 70%に相当する金額 + 返金される預託金

もしゴルフ場から預託金として100万円の返金があった場合、さきほどの140前にプラスで100万円を足すことになります。ただこれはゴルフ場からすぐに預託金の返金がある前提のため、返金される時期が異なれば評価額も変わってくるので注意してください。

ポイント
詳しい評価方法は所有するゴルフ場の取引相場によるので、ゴルフ会員権業者に調べてもらいましょう!


ゴルフ会員権売却時の所得税

ゴルフ会員権を売却する場合、所得税が課せられます。相続税に重ねて課せられてしまうので結構大きな額を負担することになります。しかし、相続の時期や状況で減税措置もあるので安心してくださいね。

そこでゴルフ会員権を相続した時に確認してほしいポイントは以下の2つ

確認してほしいポイント

被相続人(亡くなられた方)の会員権保有期間

会員権相続後の経過日数

では、ひとつずつ説明していきます。

① 被相続人(亡くなられた方)の会員権保有期間

被相続人がゴルフ会員権を保有していた期間が短期譲渡(5年以内の譲渡)か、長期譲渡(5年を超えてからの譲渡)かで課税算出方法が変わります。長期譲渡であれば課税所得が半分に減額されるので、必ず確認するようにしましょう。またこれは売却して利益が出た場であり、損益が出た場合は税制の処置はありません。

ポイント
売却して利益がでた場合は税務署に確定進行する必要があります!

② ゴルフ会員権相続後の経過日数

被相続人からゴルフ会員権を相続して売却する場合、相続税と所得税の両方が課せられます。しかし、相続税を申告した日から3年以内であれば、所得税の一部に相続税を相続財産として調整することができます。相続税だけでもかなりの負担なので、売却するならば早めに動いたほうが減税になるんですね。

ポイント
正式には相続税申告期限(被相続人死去から10ヶ月未満)から3年未満の売却です。

ゴルフ会員権を売却するおすすめの方法

出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2019/03/27/16/21/contract-4085336_960_720.jpg

ゴルフ会員権は相続して引き続きゴルフ場の優先プレーする権利を持つか。売却して余計な出費を抑えるかを決める必要があります。ほとんどの人は相続したあと、売却する道を選んでいますが個人で売却することは正直難しいです。

直接ゴルフ場や税理士さんとのやり取りは手間がかかります。なのでゴルフ会員権業者を利用して相続した会員権を売却している人がほとんどです。大きな金額が動くのでプロの仲介業者を頼った方が安心して売却できますよね。

所有するゴルフ場の時価評価だけでも知っておくと、判断基準になるので調べておきましょう。また手続きにも多少時間がかかるので、減税措置を受けるためにも早めの対応が大事ですよ!

https://www.golfdoyukai.co.jp/ (ゴルフ同友会 HP)

【ゴルフ会員権を相続・売却するのに必要な手続き】まとめ

もしゴルフ会員権を取得している家族が亡くなった場合、名義変更で権利を得るか、市場に売却するかの2択です。特にゴルフを月に2回以上プレーする予定がないのであれば、市場に売却した方がいいかもしれません。

どちらにせよ、事前確認をしっかりして早めの対応を心がけましょう!

日本ゴルフ同友会

HP画像

ゴルフ場会員権を買いたい方/売りたい方は、「株式会社日本ゴルフ同友会」HPからお気軽にご連絡してください。相談だけでももちろん可能です。