ゴルフの基礎知識

【いつから?】ゴルフのバックティーを使用するキャリア目安と使用の注意点

ラウンドを回ったことがあるゴルファーならば目にしたことがある青色のティーマーク。これはバックティーを表すマーカーです。

多くのゴルファーの共通認識として、「バックティーからティーショットを打つ=ゴルフ上級者」のイメージが強いのではないでしょうか?

ですが実は、クラブで規定されている場合を除いて、バックティーの使用に関して明確な制限はないんです。

本記事では、バックティーの使用について、いつ頃から打つのがベストなのか、そしてバックティーでプレーする際の注意点について解説しています。

ゴルナレ編集部

ゴルフ初心者の方でもわかりやすいよう解説していますので、安心して読み進めてくださいね

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ゴルフ-女性-t-シャツ-83876/#content

ティーイングエリアの5つのマーク

画像出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/01/07/17/25/golfer-1960998_1280.jpg

バックティーについて解説していく前に、まずはティーイングエリアの5つのマーカーについて説明していきます。

ティーグラウンドには一般的に、「赤・金・白・青・黒」の5つのティーマークが存在します。

赤はレディースティー、金はシニアティー、白はフロントティー、青はバックティー、黒はチャンピオンティーをそれぞれ表しています。

ティーショット(第1打)は、同じ色のマーカー同士を結んだ直線より後ろの区域(大体クラブ2本分以内)にボールをセットして打ちます。

5つのティーイングマーク「レディースティー」

ティーイングエリアの中で、グリーンに最も近く設定されているのが「レディースティー」です。基本的には、初中級レベルの女性がプレーしやすいように設けられているものです。

ゴルフ場によっては、レギュラーティーとほとんど変わらない位置にセッティングされていることもあります。

5つのティーイングマーク「シニアティー」

フロントティーよりも少し前、レディースティーよりも少し後ろにセッティングされているのが「シニアティー」です。

ドライバーでの飛距離は、年々低下していってしまいます。そんなシニアの方でも、若いころと同じように回れるように配慮されたのがシニアティーです。

シニアティーと言われつつも、明確な年齢制限はありません。そのため、ドライバーショットに自信のない男性が使ったり、ある程度飛距離を出すことができる女性の方が利用したりもします。

5つのティーイングマーク「フロントティー」

ラウンドを回る上でほとんどの方に使用されるのが「フロントティー」です。そのため、レギュラーティーと呼ばれたりもします。

初心者や中級者の男性、もしくは上級レベルの女性が使用します。

5つのティーイングマーク「バックティー」

「バックティー」は、いわゆる「トップアマ(アマチュアのトップ)」の男性が使用するもので、フロントティーよりも後方からティーショットを打ちます。

一般的なゴルフ場はこの「バックティー」を基準としてコースを設計しているため、戦略やプレー中の景観など、コースの設計意図により近いラウンド体験ができます。

後述しますが、ゴルフ場によってはスロープレー防止の観点から、ビジターの方は使用できない場合があります。

5つのティーイングマーク「チャンピオンティー」

「チャンピオンティー」とは、その名の通り、プロツアーや競技ゴルフの際に使用されるティーです。

バックティーよりもさらに後方に設置されており、一般のゴルファーは基本的に使用しません。

「バックティー」はいつから打つの?

画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/男-思考-疑い-質問-マーク-5723449/#content

では、「バックティー」はいつから使うのが適当なのでしょうか。本章ではバックティーを使用するキャリアの目安について解説していきます。

前述しましたが、バックティーとは、「トップアマ」レベルのゴルファーが使用するもので、クラブ内コンペやプロの試合などで使われることもあります。

そんなバックティーですが、一般的なクラブではハンディキャップ14以下のゴルファーがバックティーから打つことが多いです。

つまりスコアで言うと90を切るくらいからバックティーの使用を視野に入れ、80台前半で安定して回れるようになったらバックティーを使い始める、と言ったところでしょうか。

バックティー使用の目安

  • スコア80台前半(ハンディキャップ14以下)で安定して回れるようになったら。

また、個人だけでなく、同伴者全員のスコアも考慮する必要があります。

コースによりますが、4人全員のハンデ合計が45以下のところや、全員がシングル(平均81以下で回る人)であることが条件とされていることが多いです。

ゴルナレ編集部

シングルプレーヤーへのロードマップは以下の記事を参考にしてみてくださいね

【最速でシングルに】ゴルフのシングルプレイヤーとは?なり方や練習方法を徹底解説!ゴルファーなら、「シングルプレイヤー」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。 限られた上級者のみが名乗ることを許される「シングルプレイヤー」ですが、具体的にどうやったらなれるのかを知っていますか? この記事では、シングルプレイヤーの意味やなり方を徹底解説。 シングルプレイヤーの意味が知りたい方や、シングルを目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。...

先述しましたが、ゴルフコースの景観や、ラウンドを回る際の戦略などは、バックティーを基準に作られているケースがほとんどです。

「100切り」が脱初心者の目安として設定されているのと同様に、中上級レベルのゴルファーにとってバックティーで回ることは、ゴルファーとしてワンランク上のステージに進む目安でもあるのです。

ゴルナレ編集部

100切りまでのロードマップは以下の記事を参考にしてみてくださいね

【誰でもできる!?】ゴルフで「100切り」をするには?3つの戦略と練習方法を徹底解説!「100の壁」ゴルファーなら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?今回はゴルフのスコア100切りの戦略と練習方法を解説していきます!!なかなか100切りできない人もこれを読んで練習すればすぐに100切りできちゃうかも。...

バックティーを選ぶ際の注意点

画像出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/04/10/05/41/golf-2217600_1280.jpg

前述した通り、特に規定のないゴルフ場においては、バックティーを利用するか否かはプレーヤーに委ねられます。ですがここで気をつけなければならないのは、バックティーの使用によるスロープレイです。

運動神経がよかったり、体型が筋肉質な男性だと、初心者の段階でもドライバーで260〜270ヤード近く飛ぶ場合があります。

そうした人たちがレギュラーティーから打つと、2打目の距離が短くなってしまい、カップまでの距離感を測るのが難しいため、バックティーからスタートしてしまうケースがあります。

ですが、ドライバーで飛距離が出せるのはいいものの、カップインまでの打数が多くなってしまうとスロープレーに繋がります。

ラウンド中は自分たちだけでなく後続の組もいるので、スロープレーをしてしまうと迷惑がかかります。前述した通り、スコア80台前半の実力がない場合はバックティーの使用を控えましょう。

バックティー使用の目安について「まとめ」

以上、本記事ではバックティーを使用するキャリア目安と、バックティーで回る際の注意点について解説させていただきました。

以下に要点をまとめたので、ぜひ内容を再確認してみてください。

本記事のまとめ

  • バックティー使用の目安は、スコア80台前半になってから。
  • バックティー使用の際はスロープレーにならないよう注意をする。

冒頭でも述べましたが、バックティーの使用は、言ってしまえば100切りを達成した人たちの次の目標です。

我々の運営する「ゴルナレ」では、ゴルフ上達のための記事を他にもたくさん公開しています。以下に関連記事をいくつか載せますので今回の記事と併せてぜひご覧ください。

【ちゃんと把握してますか?】ゴルフクラブごとの飛距離目安について解説ゴルフクラブの平均的な飛距離について解説します。ゴルフクラブにはドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、パターと複数の種類がありますが、その平均的な飛距離はご存知でしょうか?男女別・ゴルフクラブ別に平均的な飛距離を算出しました。ぜひご参考にしてみてください。...
【最速でシングルに】ゴルフのシングルプレイヤーとは?なり方や練習方法を徹底解説!ゴルファーなら、「シングルプレイヤー」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。 限られた上級者のみが名乗ることを許される「シングルプレイヤー」ですが、具体的にどうやったらなれるのかを知っていますか? この記事では、シングルプレイヤーの意味やなり方を徹底解説。 シングルプレイヤーの意味が知りたい方や、シングルを目指している方は、ぜひこの記事を参考にしてください。...
日本ゴルフ同友会

ゴルフ同友会HP

55年以上の歴史を持つ、ゴルフ会員権売買のパイオニア企業。2,500社以上の上場企業との取引があり、徹底したサポートによる安心感と実績がございます。
昭和36年(1961年)創業し、ゴルフ会員権業者の中では最も歴史があります。そのため、ゴルフ場のデータも豊富で、適正な売買価格の選定が可能です。全国のゴルフ場を取り扱っており、その取引実績は業界トップクラスです。売買のみならず、相続や名義変更も承っております。法人・個人問わず、お気軽にお問い合わせください。

 

ゴルフ会員権の売り買いはこちらゴルフ会員権の時価評価はこちら