ゴルフ会員権の基礎知識

【どうすればいい?】ゴルフ会員権を退会する方法を徹底解説します。

「以前と比べてゴルフ場でプレーする機会が減ってしまった」「ゴルフ場の年会費を払っている余裕がない」

上記の他にも、引っ越し等の理由で会員権を所持していたゴルフ場に通えなくなってしまったり、あるいは現在であれば、新型コロナウイルスの影響でなかなか外出ができなかったりなど。

ゴルフ会員権を退会するのにはさまざまな事情があると思います。

本記事では、現在ゴルフ会員権を持っている企業様や個人様に向けて、ゴルフ会員権の退会方法について解説させていただきます。

ゴルフ会員権を退会する2つの方法

画像出典:https://pixabay.com/photos/girl-white-background-portrait-4376613/#content

ゴルフ会員権を手放す、つまり退会する方法は主に2種類存在します。

1つ目は、ゴルフ会員権業者を介して第三者に売却する方法、もう1つは、会員権を持つゴルフ場に直接退会を申し込む方法です。

退会する方法

  • ゴルフ会員権業者を介して第三者に売却する
  • ゴルフ場に直接退会を申し出る

次章から、それぞれの具体的な方法やメリット・デメリット、手順について解説していきます。

ゴルフ会員権を退会する方法①ゴルフ会員権業者を介して第三者に売却

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ファイナンス-銀行-ビジネス-4858797/#content

ゴルフ会員権は、有価証券のような役割を果たすため、手放す際に第三者に売却することが可能です。

その場合基本的にはゴルフ会員権業者に委託を行います。

第三者に売却することのメリット

ゴルフ会員権業者を通して第三者に売却を行う場合のメリットは、煩雑になりがちな退会処理を会員権業者が代行してくれることです。

ゴルフ会員権の退会は、アプリやソフトウェアサービスなどの月額サブスクリプション解約のようにオンライン上ですぐに完結するものではありません。

個人の負担という点から考えるとゴルフ会員権業者に売却を委託することが最善であると言えるでしょう。

第三者に売却することのデメリット

デメリットは、市場において買い手がつかない場合、年会費を支払い続けなければならないことです。

第三者への売却・譲渡が決定しない場合、そのゴルフ会員権の所有者はあなた自身のままとなります。

そのため、売却に出している間もゴルフ場の年会費は支払い続けなければなりません。

ゴルフ会員権を退会する方法②ゴルフ場に直接退会を申し出る

出典:https://pixabay.com/ja/photos/電卓-計算-保険-ファイナンス-385506/#content

ゴルフ会員権を退会する2つ目の方法はゴルフ場に直接退会を申し出るです。

この場合、「プレー権放棄宣言・会員脱退宣言」を行うことと同義の扱いになります。

具体的には、証券と同じ扱いであるゴルフ会員権を倶楽部に返還し、該当年の年間会費を支払うことで退会となります。

ゴルフ場に直接退会を申し出ることのメリット

ゴルフ場に直接退会届けを出すことのメリットは、追加で年会費を払わなければいけないリスクを排除できることです。

ゴルフ会員権業者を通して会員権の売却を行う場合、第三者への売却が決定しない限り、自身が年会費を払い続けなければなりません。

ですが、ゴルフ場に直接退会届を提出し、自主退会をしてしまえば次年度以降は年会費を払わなくて済むのです。

ゴルナレ編集部

保有しているゴルフ会員権の現在価値が下がってしまっている場合に有効な手段であると言えますね。

直接退会届を提出することのデメリット

ゴルフ場に直接退会届けを出すことのデメリットは、大きく2つあります。

1点目は預託金の返還率が高くないこと、2点目は手続きが煩雑になりがちであることです。

ゴルナレ編集部

「預託金とは何か?」と疑問の方は以下の記事を参考にしてみてください。

ゴルフ場イメージ
【預託金制・株主会員制・社団法人制】会員制ゴルフクラブの種類会員制ゴルフクラブやゴルフ会員権ってたくさん種類があって何を買えば良いのかわかりにくいですよね?預託金制・株主会員制・社団法人制など多岐に渡るゴルフ会員権の種類を詳しく解説します。ゴルフ会員権の購入を検討されている方は是非ご覧ください。...

1. 預託金の返還率が高くない

ゴルフ場に退会届を出した場合、当然ながらそのゴルフ場での優先プレー権をはじめとした権利は消滅します。

その際、保有していたゴルフ会員権は「預託金返還請求権」となり、「金銭債権」を有することになります。

ですが、ゴルフ場の経営状態によって、預託金の全額が返還されるケースは多くないです。

ゴルナレ編集部

預託金の返還をめぐって裁判沙汰になることも多くあります。

2. 手続きが煩雑になりがち

2つ目のデメリットは、ゴルフ場によっては退会手続きに必要な書類が多く、煩雑になってしまうケースがあることです。

前述したような預託金の返還に関する話し合いや、必要書類の準備など全てを個人で行わなければならないため、手続きにかかる負担が大きくなってしまいがちになります。

ゴルフ会員権を退会する際の大きな流れ

画像出典:https://pixabay.com/photos/girl-woman-young-beautiful-makeup-3713127/#content

ここまで、ゴルフ会員権の退会方法について解説させていただきました。本章では上述した2つの方法で退会するまでの大まかな流れについて解説させていただきます。

ゴルフ会員権業者を介して第三者に売却する場合

まずゴルフ会員権業者を介して第三者に売却する場合です。ゴルフ会員権業者への委託から売却までの手順は具体的に以下の通りです。

第三者に売却する場合の流れ

  1. ゴルフ会員権業者に依頼
  2. 売却に際して必要な書類の準備を行う
  3. 買い手が見つかり次第、売却取引を実行する

1. ゴルフ会員権業者に依頼

ゴルフ会員権の売却をする場合は、ゴルフ会員権業者に委託しましょう。

一定額の手数料はマージンとしてかかってしまいますが、個人でつてをたどって売却するより遥かに効率よく買い手を探すことができます。

2. 売却に必要な書類の準備を行う

ゴルフ会員権の売却を行う際に必要となる書類は以下の通りです。

ゴルフ会員権の売却に必要な書類

  • 預り金証券、または株券
  • 印鑑証明書
  • ネームプレート
  • 住民票
  • 登記簿謄本(法人の場合)

どの書類もすぐに用意できるものではありますが、売却することを決心した段階で準備にかかると手続きがスムーズに進みます。

ゴルナレ編集部

ゴルフ会員権の売却に関して詳細情報が欲しい方は以下の記事をご参考ください。

【意外と簡単】ゴルフ会員権売却に必要な書類って?売却手順も徹底解説!ゴルフ会員権の売却に必要な書類を徹底解説!! 「ゴルフ会員権を売却したいのだけどどんな書類を用意すればいいの?」そんなゴルファーに向けて売却書類リストを作成しました。売却手順も詳しく解説します。...

3. 買い手が見つかり次第、取引実行

ゴルフ会員権を売却に出し、買い手が見つかったら会員権業者を通して売却が行われます。

ただし、売却に出してから買い手が見つからない場合、ゴルフ会員権の年会費は納入し続けなければならないので、売却希望価格やタイミングなどは会員権業者と事前に相談しておきましょう。

ゴルフ場に直接退会を申し出る場合

会員となっているゴルフ場に対して退会を申し込む場合は、ゴルフ場によって定められた退会規定に沿って退会手続きを進めます。

ですが前述した通り、預託金の返還に関する話し合いや、手続きの煩雑さなど、退会時の負担が大きいケースも多々あるため、慎重に判断を行いましょう。

ゴルナレ編集部

ゴルフ場に直接退会を申し込む場合、方法はゴルフ場によって異なります。事前にしっかりと規定を調べておきましょう。

ゴルフ会員権を退会する方法「まとめ」

以上、本記事ではゴルフ会員権の退会方法について解説させていただきました。

最後に本記事の内容をもう一度まとめます。

ゴルフ会員権を退会する方法

  • ゴルフ会員権業者を通して第三者に売却
  • ゴルフ場に直接退会を申し出る

本記事中でも述べたように、ゴルフ会員権は有価証券と変わらないので、企業の株価とまではいかないものの、ゴルフ場の経営状態や人気度によってその価値は変動します。

ゴルフ会員権から退会する方法は主に2つありますが、どちらがよりコストを抑えられるかは所持しているゴルフ会員権の価値次第ということになります。

ゴルフ会員権の退会手続きなら「日本ゴルフ同友会」へ!

当ゴルフメディアを運営する我々、「日本ゴルフ同友会」では、1961年創業、日本ゴルフ業界のパイオニアとしての誇りと責任を持って情報をお届けします。

日本ゴルフ同友会では、ゴルフ会員権の退会に関する取引を含め、ゴルフ会員権の時価評価ゴルフ会員権の売却から譲渡までをしっかりとサポートしております。

ゴルフ会員権の退会、売却についてのご相談は、徹底した情報管理と完全サポートがウリの我々、「日本ゴルフ同友会」にお任せください。

日本ゴルフ同友会

HP画像

ゴルフ場会員権を買いたい方/売りたい方は、「株式会社日本ゴルフ同友会」HPからお気軽にご連絡してください。相談だけでももちろん可能です。